くらし情報『iDeCo(イデコ)でおすすめの金融機関の選び方や注意ポイントをFPがご紹介!』

2019年2月12日 17:31

iDeCo(イデコ)でおすすめの金融機関の選び方や注意ポイントをFPがご紹介!

目次

・iDeCo(イデコ)取り扱いのある金融機関10社を比較すればおすすめが見えてくる?
・iDeCo(イデコ)を取り扱う金融機関、選ぶポイントは?
・iDeCo(イデコ)を利用する際、金融機関ではどんなコストが発生するの?
・ちなみに、金融機関が破たんしたらどうなるの?
・iDeCo(イデコ)でおすすめの金融機関をチェック
・iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関の選び方まとめ
iDeCo(イデコ)でおすすめの金融機関の選び方や注意ポイントをFPがご紹介!


iDeCo(イデコ)取り扱いのある金融機関10社を比較すればおすすめが見えてくる?

iDeCo(イデコ)取り扱いのある金融機関10社を比較すればおすすめが見えてくる?


本記事では、iDeCo(イデコ)を取り扱っている10の金融機関を比較しつつ、金融機関の選び方や注意ポイントなどを考察します。比較する金融機関は、楽天証券・SBI証券・松井証券・マネックス証券・ろうきん・イオン銀行・みずほ銀行・りそな銀行・野村證券・十八銀行の10種類です。

※本記事は特定の金融機関を推奨・斡旋・勧誘するものではありません。数値や名称等は記事執筆時点のものです。

iDeCo(イデコ)を取り扱う金融機関、選ぶポイントは?

iDeCo(イデコ)でおすすめの金融機関の選び方や注意ポイントをFPがご紹介!

コストは実質的な運用成果を押し下げるだけのもの
最初に注意したいのが、コスト(各種経費)についてです。

投資におけるコストとは、どのようなものでしょうか?結論を先に書きますと、投資におけるコストとは、「実質的な運用成果を押し下げるだけのもの」です。

一般的なコストのイメージは、かければかけるほどに「良いもの」が出来上がるイメージではないでしょうか。例えば、住宅です。普通に考えれば1千万円の住宅よりも、1億円の建築費をかけた方が「良い住宅」になると考えられます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.