くらし情報『iDeCoの上限金額は月いくら?会社員・自営業・主婦etc.確認方法を解説!』

2019年8月14日 20:00

iDeCoの上限金額は月いくら?会社員・自営業・主婦etc.確認方法を解説!

目次

・iDeCoに出せるお金には毎月の上限金額があるけれど、iDeCoってそもそも何?
・iDeCo の毎月の上限額を確認しよう
・iDeCo の掛け金は年に一回など、まとめて上限いっぱいまで出せる?
・まとめ
iDeCoの上限金額は月いくら?会社員・自営業・主婦etc.確認方法を解説!


本記事では、iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金の愛称)における掛け金の上限金額について考察します。会社員や自営業者・主婦などの毎月の「掛け金上限の一覧」も載せておりますのでご確認いただければ幸いです。

※数値や制度の内容は取材時点の内容です。

iDeCoに出せるお金には毎月の上限金額があるけれど、iDeCoってそもそも何?

iDeCoに出せるお金には毎月の上限金額があるけれど、iDeCoってそもそも何?


iDeCoでは、毎月出せるお金のことを掛け金(または拠出額)と呼びますが、この掛け金の上限は働き方によって異なります。もう少し具体的に言うと、自営業者・会社員・公務員・専業主婦(夫)などで異なります。

いったいなぜ、働き方によって異なっているのでしょうか。まずはiDeCoの概要と私たちを取り巻く環境の変化から理解しましょう。そうすることで掛け金が異なる理由が良く分かります。また、私たち個人が資産形成を行うことの本当の意味も見えてきます。

iDeCoの掛け金額の上限は働き方によって異なる

iDeCoとは?個人型の確定拠出年金のこと
まずiDeCoとは個人型確定拠出年金の愛称です。iDeCoの特徴は次のような内容です。

  • 自分で加入して・お金を出して・運用商品を選ぶ・老後のための資産形成の制度
  • 強制加入ではないので、入りたい方は自分で動かないといけない
  • 毎月掛け金を出す(後述するようにまとめて掛け金を出すこともできる)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.