くらし情報『人生設計の考え方は「お金」がキーワード!ライフプランの立て方をFPが伝授』

2019年10月16日 14:00

人生設計の考え方は「お金」がキーワード!ライフプランの立て方をFPが伝授

目次

・人生設計は「将来どうしたいか」が出発点!
・理想を叶えるためには一定のお金が必要
・今のままで必要な貯蓄はできるのか逆算する
・生涯の全てについてシュミレーションする
・立て方の基本は「最後からの逆算」
・「叶えられる将来」には限界がある?
・人生設計は「今すべきこと」も見える!
・FPでも、どうにもならない事もある?
・人生設計で、生涯を安心して暮らそう!
人生設計の考え方は「お金」がキーワード!ライフプランの立て方をFPが伝授


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。「老後資金として2000万円が必要」などと言われて以降、にわかにファイナンシャル・プランナー(FP)や人生設計(ライフプラン)が注目を集めていますね。しかし人生設計といわれても、多くの人は「何をどうしたらいいのか分からない」と、困惑するばかりなのが実情です。

そこで今回は人生設計の専門家である筆者が、人生設計の基本的な立て方やポイントをお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

人生設計は「将来どうしたいか」が出発点!

人生設計は「将来どうしたいか」が出発点!


まずは順を追って、人生設計の立て方をお伝えします。まず人生設計は、「自分の人生を、将来どうしたいか」を考えて相応に決めることが出発点です。人生設計も一種の「計画」ですから、つまりは「ゴール・目標」を明確に定めることが最初にすべきこととなります。

「将来」と言われてもあまりに抽象的だからこそ、多くの人は困惑しがちですね。具体的にいえば、例えば「どこに住むのか」「どこで働くのか」「どんな生活をしたいのか」などです。今後、変わってもかまわないので、「ひとまずの目標」を一つずつ決めることが出発点になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.