くらし情報『年収600万円の割合・手取り額をFPが解説!《独身&既婚別》生活レベルもご紹介』

2019年10月17日 14:00

年収600万円の割合・手取り額をFPが解説!《独身&既婚別》生活レベルもご紹介

目次

・国税庁データの算出根拠
・年収600万円もらう人って何人ぐらい?
・年収600万円の手取り額は?
・年収600万円の月収ってどれくらい?
・年収600万円以上の業種とは?
・購入?賃貸?住居費の目安はコチラ
・年収600万円・結婚している世帯の水準
・年収600万円・独身世帯の水準
・年齢によっても差がある
・年収600万円の割合・手取り・生活レベルに関するまとめ
年収600万円の割合・手取り額をFPが解説!《独身&既婚別》生活レベルもご紹介


https://manetasu.jp

この9月に国税庁より発表された【平成30年分民間給与実態調査結果】によると、民間企業に勤務している方の平均年収は約441万円ということです。この平均年収より少し高い年収600万円の世帯の方は、実際どのような生活水準の暮らしをしているのでしょうか。

様々な公共のデータを用いながら、本記事では詳細について紹介していきます。現在の年収が600万円に近い方はもちろん、年収600万円を目標としている方も是非こちらの記事をご参考にされてください。

国税庁データの算出根拠

国税庁データの算出根拠


今回の記事の中で用いている数値や各種データの根拠となる【国税庁・民間給与実態調査結果】の調査対象は、以下に該当する方です。

  • 民間の事業所に勤務している給与所得者(非正規も含む)
国税庁・民間給与実態調査とは、総務省の(日本標準産業分類)に基づいた広い業種へ向けて調査を行っているものです。

平均年齢は45歳前後
平均年収とともに、給与所得者の平均年齢は45歳前後であるということも発表されています。詳細データを見れば細かい数値の違いはありますが、だいたい45歳前後ぐらいの方の平均年収が441万円くらいであると考えると良いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.