くらし情報『30代におすすめのがん保険とは?《独身・既婚別》選び方のポイントをFPが解説』

2020年3月19日 20:00

30代におすすめのがん保険とは?《独身・既婚別》選び方のポイントをFPが解説

治療費もそうですが、病院までの交通費だって自己負担です。その為、最近のがん保険はどんな治療をするのかという事に対応するべく開発が進み、保険会社同士で競争している現状です。

ここで治療内容に関してがん保険の保障内容を振り返ってみたいと思います。

  • がん入院給付金
  • がん診断一時金
  • がん手術給付金
  • がん通院保障
  • がん死亡保険金
  • がん先進医療特約
がん入院給付金
がんが原因で入院した場合に1日5,000円や10,000円といった形で給付金が支払われる保障内容です。最近ではがんであっても短期入院である事が多く、平均在院日数は14日となっているようです。

少し前まではがん入院給付金が主契約でしたが、最近ではオプションである特約として設定できる保険会社が多いです。

がん診断一時金
保険会社が定めるがんは大きく2つに定義され、1つは「上皮内新生物(上皮内がん)」、1つは「悪性新生物」になります。分かり易く言えば「上皮内新生物」は程度の軽いがんで、早期に発見できれば生存率は高いがんに該当します。「悪性新生物」は程度が進行及び重たいがんで、転移や浸潤が見られるがんになります。ここで簡単ですが転移と浸潤について解説しておきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.