くらし情報『30代におすすめのがん保険とは?《独身・既婚別》選び方のポイントをFPが解説』

2020年3月19日 20:00

30代におすすめのがん保険とは?《独身・既婚別》選び方のポイントをFPが解説

転移とはがんが他の部位に出来ることを指します。例えば胃がんが見つかり、その後に肺にも移動しているまたは広がってしまう事です。

浸潤とは、がん細胞が周囲の細胞にまで広がっていく事を指します。ドラマなどでも直径何mmのがんが見つかったと言いますが、このサイズが日を追うごとに大きくなる事です。

保険会社ではこの2つのがんを分けて給付金の支払いを変更したり、統一したりしています。

がん診断一時金はがんと診断されると一時金で100万円や50万円、保険会社によっては200万円、300万円と高額な給付金を支払います。また1度きりの支払いだったり、再発に備え2度3度と支払ってくれる保険会社もあります。

がん通院保障
がんの治療で通院した場合に支払われる保障で、通院とは抗がん剤治療や放射線治療を指します。

以前の保障内容ではがんで通院した際に1日5,000円や3,000円といった様に支払いを行っていましたが、最近では通院した月毎に10万円、20万円といった金額を支払う保険会社もあり、後者の方がグレードは高いでしょう。

がん手術給付金
がんの手術を受けた際に保険金が給付される保障内容です。医療保険などに付加されている手術給付金と同じ内容になりますが、あくまで対象はがんの手術のみになりますのでこの点を混同しないようにしておいて下さい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.