くらし情報『地震保険の相場はどのくらい?目安となる保険料を住宅のタイプ別にFPが解説!』

2020年5月31日 20:00

地震保険の相場はどのくらい?目安となる保険料を住宅のタイプ別にFPが解説!

:建物が耐震等級を有している場合
  • 耐震診断割引(10%):耐震診断の結果、耐震基準を満たす場合
  • 建築年割引(10%):1981年6月1日以降に新築された建物の場合
  • ただし、これらの割引は重複されませんから、最大でも50%割引ということになります。新しい物件ほどに、地震保険の保険料も割引される可能性が高いです。そして、新しい物件ほどに失ったときのリスクが高いともいえます。

    これから新築の不動産を購入しようと考えているのであれば、地震保険への加入は必須です。今は地震リスクも高まっていますから、しっかり地震保険で不動産を守っていきましょう。

    「新築・中古」は保険料に大きく関係しない
    少し注意が必要なのですが、地震保険上では「新築か中古か」は大きく関係しません。新築のほうが耐震基準などを満たしている可能性が高いですが、それでも「新築のほうが安い」は誤りです。ちなみにこの理屈は、元になる火災保険についても同じといえます。

    そして、地震に対するリスクについても「新築・中古」は変わりません。どちらであっても大切な生活基盤であり、失ったら大事です。どこに住んでいようと、しっかり地震保険に加入して備えましょう。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.