くらし情報『生命保険料の平均相場をFPが徹底調査!年代・年収etc.データ別に見る保険料の適正額とは?』

2020年7月1日 14:00

生命保険料の平均相場をFPが徹底調査!年代・年収etc.データ別に見る保険料の適正額とは?

年収200万円未満の人は、年収の12%を保険料に充てています。例えば年収180万円の人なら、年間21.6万円(月額約1.9万円)です。

年収に占める保険料の割合は、年収の低い人の方が高い
https://www.jili.or.jp/

年収の低い人ほどリスクヘッジが必要
その理由は、年収の低い人ほどリスクヘッジが必要であるからです。保険とは、貯蓄だけで対応することが困難な事態に備える手段です。例えば病気で入院して高額な医療費が必要になった場合、年収の高い人なら貯蓄で対応できますが、年収の低い人は困難である可能性があります。

このように、いざというときに対応するために、年収の低い人はリスクに備えておく必要があるのです。

就労形態で見る生命保険料の月額平均は?

続いては就労形態による生命保険料の月額平均です。下の図表では、保険加入者が以下の3パターンに分けられており、それぞれの平均年間支払保険料は次のとおりです。

  • 夫就労・妻無職35.9万円(月額約3万円)
  • 共働き(妻はパート・派遣)37.5万円(月額約3.2万円)
  • 共働き(妻はフルタイム)55.8万円(月額約4.7万円)
就労形態でみる生命保険料の月額平均は?


https://www.jili.or.jp/

収入が多い共働き世帯の保険料が最も高い
この中で最も平均保険料が高いパターンは、共働き(妻はフルタイム)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.