くらし情報『介護保険料いつからいつまで払う? 平均保険料と費用の負担割合とは』

2019年1月10日 20:30

介護保険料いつからいつまで払う? 平均保険料と費用の負担割合とは

目次

・介護保険の被保険者が支払う「介護保険料」とは
・介護保険料はいつからいつまで払う?
・介護保険料はいくら払う?計算方法は?
・介護保険料の金額と計算方法は人によって異なる
介護保険料いつからいつまで払う? 平均保険料と費用の負担割合とは

一定の年齢になると徴収が始まる介護保険料。漠然と知識として知ってはいても、「いつから支払いが始まっていつ終わるの?」「どうやって払うの?」「金額はいくら?」「計算方法は?」と、たくさんの疑問を抱いている人は多いでしょう。
そこでここでは、介護保険料の支払い期間や計算方法について解説。介護保険料を徴収する目的や、保険料が減免される制度についても紹介していきます。

介護保険の被保険者が支払う「介護保険料」とは

介護保険料とは、介護保険制度によって提供されるサービスの運営を支える財源として、介護保険加入者が支払うもの。介護保険サービスは、公費:約5割・40歳から64歳の方(介護保険第2号被保険者)の保険料:約3割・65歳以上の方(介護保険第1号被保険者)の保険料:約2割の負担で運営されています。
一定年齢になれば、加入している保険者による介護保険料の徴収がスタートします。

介護保険制度と介護保険サービス
介護保険制度とは、高齢者や特定の病気によって日常生活が不自由になった人の介護を、社会全体で支えることを目的に創設された制度です。
次の人は必要に応じて、かかった費用に対して1割から3割の自己負担で、介護保険サービスを受けることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.