くらし情報『保険金詐欺に奔走する人妻たちに思わず共感? 『花の秘密』キャスト対談』

2019年1月23日 11:25

保険金詐欺に奔走する人妻たちに思わず共感? 『花の秘密』キャスト対談

(左上から)中島唱子、原田樹里 (左下から)みょんふぁ、沙央くらま撮影:桑原克典

(左上から)中島唱子、原田樹里 (左下から)みょんふぁ、沙央くらま撮影:桑原克典


韓国で大ヒットした舞台『花の秘密』が1月24日(木)より日本初上演の幕を開ける。宝塚歌劇団を退団後初舞台となる沙央くらまをはじめ、みょんふぁ、原田樹里、そして中島唱子のメインキャスト4名に稽古場で話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

映画『トンマッコルへようこそ』を手掛け、“韓国の三谷幸喜”とも言われるクリエイター、チャン・ジン作による本作は、イタリアの村が舞台のコメディ。平凡な4人の人妻たちを主人公に、夫たちを乗せた車が谷に転落したと聞き、最後の医療チェックを残すのみとなっていた夫の生命保険加入手続きを何とか完了させようと画策する…というストーリー。

コメディではあるが、中島は「私自身、50歳を過ぎて“花が枯れていく”のを実感していた中で、共感できる部分が多かった。“もうひと花、咲かせたい!”という思い――それは恋愛でも仕事でも抑圧からの自由でもいいんですが、私と同じ年代の人たちのそんな思いを昇華できるんじゃないか」と登場する女たちへの強い思いを口にする。

本作の日本公演を企画し、自ら翻訳も担当したみょんふぁは、日韓両国のアイデンティティを持つ女優として「明るく楽しい作品を共有しつつ、その“向こう”に触れられたら」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.