くらし情報『「調べておくべきだった…」子宮がん検診の結果を聞きに行って大後悔 #43歳で腎がんになった話 27』

2021年12月31日 23:10

「調べておくべきだった…」子宮がん検診の結果を聞きに行って大後悔 #43歳で腎がんになった話 27

3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、前回に続き子宮がん検診について。結果を聞きに行ったのですが後悔したことがあり……。

★前回:「なんだか切ない…」子宮がん検診で内診台に緊張していたけれど… #43歳で腎がんになった話 26

子宮がん検診に行った約1週間後、結果を聞きに再び婦人科へ行きました。

このクリニックで検査をしてもらったのはやさしくて痛くないと評判の若先生だったけど、今回は結果を聞くだけだったのでこの先生のお父さんである大先生の診察へ。

実は若先生と反対に大先生の評判はすこぶる悪く、大先生の時間帯はすいています。

診察に呼ばれて入ると

「調べておくべきだった…」子宮がん検診の結果を聞きに行って大後悔 #43歳で腎がんになった話 27


あいさつ、聞こえなかったかなと思って2回言ったけど大先生、こちらを見ることもなく……

「調べておくべきだった…」子宮がん検診の結果を聞きに行って大後悔 #43歳で腎がんになった話 27


1分もたたず診察終わり。

結果が問題ないなら、別にいいか。

と、思って帰ってから、渡された結果の紙を見てみる。

これだけじゃさっぱりわからないな……。

紙とスマホを見比べながら、調べてみたら

「調べておくべきだった…」子宮がん検診の結果を聞きに行って大後悔 #43歳で腎がんになった話 27


異常なしのなかでも、いろいろ分類があるみたい。

異常ないならまあいいんだけど、ちょっとくらい説明して欲しかったかも……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.