くらし情報『「突然、救急車を要請する事態に…」37歳から生理周期が変わり、月の半分は何かしら不調【体験談】』

2022年5月2日 03:10

「突然、救急車を要請する事態に…」37歳から生理周期が変わり、月の半分は何かしら不調【体験談】

「突然、救急車を要請する事態に…」37歳から生理周期が変わり、月の半分は何かしら不調【体験談】


37歳を迎えて、明らかな体調の変化を感じていた中、突然、救急車を要請する事態に見舞われました。それがきっかけで受診した病院で「プレ更年期」というワードが飛び出し、驚きました。来たる更年期に向けて、生活習慣を見直し始めた私の体験を紹介します。

37歳からホルモンバランスの変化を感じるように

「突然、救急車を要請する事態に…」37歳から生理周期が変わり、月の半分は何かしら不調【体験談】

「突然、救急車を要請する事態に…」37歳から生理周期が変わり、月の半分は何かしら不調【体験談】

PMSに加え、排卵前後の体調不良も

37歳に入ったころから、明らかなホルモンバランスの変化を感じるようになりました。

生理周期がガラッと変わってしまい、PMS(月経前症候群)に加えて排卵前後の体調不良も顕著になり、月の半分は何かしら不調があります。一般的な更年期にはまだ早いのに、30代からこんなに変わるなんて聞いてないよ!という気持ちでいました。

片頭痛が悪化、救急車を要請

子どものころからの片頭痛も悪化し、ある日、今まで経験したことのない激痛と嘔吐、体の震えから、救急車を要請する事態に……!

診断は片頭痛。後日受診した頭痛外来の医師から言われて頭痛記録をつけてみると、やはりホルモンバランスが影響していることがわかりました。生理・排卵近くに雨が降るなど天気が悪くなると、高確率で片頭痛が起こっていたのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.