くらし情報『未定でも予定でも知りたい!新築マンションの予告広告【不動産用語集】』

未定でも予定でも知りたい!新築マンションの予告広告【不動産用語集】

2018年2月10日 06:00
 

関連リンク

・メゾネットタイプに住むメリットとデメリット【不動産用語集】
・不動産売買で知っておきたい一般媒介契約のメリットとは【不動産用語集】
・【物件探し】3月入居のメリットとデメリット
物件探しのコツは『予告広告』にアリ!【不動産用語集】


予告広告ってなに?

予告広告とは、物件の価格や賃料が確定していない、直ちに取引することのできない物件(分譲宅地、新築分譲住宅、新築分譲マンション、新築賃貸用マンションなど)について、本広告に先立って販売時期などを広告するものをいいます。

そのため予告広告は、価格などは未定のまま行われますが、私たち消費者が物件選択に時間的余裕が持てるよう、物件の存在を知るなどといった目的のためにその広告が認められたものです。

また本広告とは、物件の申し込みなどを前提として行う広告のことをいいます。

予告広告を行うには、法律的なルールが存在します(不動産公正取引協議会連合会)。各社はこれに従って物件情報を掲載し以下の内容表示を義務付けるものとなっています。

  • 予告広告であること
  • 価格が未定であること、または予定最低価格と予定最高価格、および予定最多価格帯を明示すること
  • 販売予定時期を明示すること
  • 予定販売戸数を一括で発売するのか、または数期に分けて販売するのか、または決まっていない場合はその旨
  • 本広告においては販売戸数を明示すること
  • 本広告を行うまで契約または予約に応じない旨、および申し込み順位の確保に関する措置を行わない旨
また予告広告を掲載するには、以下2つの条件があります。

予告広告を掲載する条件

  • 開発許可または建築確認が下りた時点で掲載
  • 予告広告を掲載した場合は、必ず本広告も掲載すること
  • 予告広告は先述したように、価格などは未定で行われる広告のことをいいます。そのため、予告広告では「未定」や「予定」といった用語が使われています。

    条件2の本広告において、予告広告では未掲載であった「販売価格」や「販売戸数」、「販売時期」などについて掲載する義務があるわけですね。

    予告広告を活用するメリットって?

    正式に販売を告知する本広告の前に掲載される予告広告を活用することで、私たち消費者には以下のメリットがあります。

    • 早期に販売前の物件を確認できる
    • ほかの物件と比較できる
    つまり、購入(賃貸)前までに時間的猶予があります。

    ここで物件探しのコツをご紹介しましょう!
    予告広告で気になる物件を発見したら、ぜひ資料請求をしてみてください。
    本広告が掲載された時点で請求先から連絡が入ると思うので、ほかの人よりいち早く情報収集やモデルルーム見学の予約ができます。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.