くらし情報『【段ボール工作アイデア】家!迷路!懐かしのびっくり箱を子供と一緒に作ってみた』

2018年3月24日 21:00

【段ボール工作アイデア】家!迷路!懐かしのびっくり箱を子供と一緒に作ってみた

  • バネを作ります。厚紙を2~3cmの幅でカットし、長い紙テープのような形にします。長さが取れない場合は、二つの厚紙をテープなどでくっつけても良いです。箱の高さの4~5倍の長さが取れればよいです。
  • 3)を2本同じ長さになるように作ります。2本を垂直に合わせ、両面テープで止めます。その後、それぞれが順番に重なるように内側に折り重ねていきます。最後も両面テープでとめます。
  • バネの片方の外側の面に両面テープを付け、箱の底面の真ん中に貼りつけます。
  • 飛び出る顔を作ります。厚紙を丸くカットし、マジックで顔を書きます。目や口の形のシールがある場合は、それを使うと子供も簡単に顔が作れます。顔が出来たら、バネの飛び出す先側に両面テープで貼りつけます。
  • バネを縮めて顔を箱の中におさまるように入れ、蓋をします。箱を開けて、顔がうまく飛び出せば完成です。
  • バネの部分は、小さなお子様でもやり方さえ覚えてしまえば意外と簡単にできます。こんな難しそうなおもちゃを自分で作ることができたんだという自信がつくので、とても良い経験になるでしょう。

    箱をあけるだけで、大人も子供もついつい笑顔になってしまう不思議なおもちゃ。ぜひ人が集まったイベント時や、天候が悪くて外出できない時などに工作して、気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.