ビューティ情報『ゴールデンウィークで”太った…”?!食べすぎを「リセット」するには?』

2017年5月9日 12:00

ゴールデンウィークで”太った…”?!食べすぎを「リセット」するには?

連休中に帰省や旅行、友達とのランチ・飲み会などで、気が付けば、ほぼ毎食なかなかボリューミーな外食だったというあなた!体重計に怖くて乗ることができなくなってはいませんか?連休中の食べすぎは、今すぐ脂肪に変わるわけではありません。残りの今月中の生活を見直し、リセットを行いましょう。

食べすぎのリセットで意識すること

1日3食という概念を捨てる

目次

・1日3食という概念を捨てる
・間食をゼロにする
・飲み物は水かお茶
・本気のダイエッターのような食生活を1週間する
・階段を使う、一駅歩くなど、運動量を増やす
Woman having breakfast


食事の基本は1日3食。「朝を抜くと太る」とか「健康のためには3食きっちり」とか色々な説があります。しかし、今回の目標はあくまで連休中の食べすぎをリセットすること!

連休中に帰省をしていた人は、1日中リビングに座って、親戚の方が出してくれるおいしい食べ物を永遠と食してはいませんでしたか?旅行に行った方も、ご当地グルメをひたすらに食べ続けてはいませんでしたか?また、特別どこかに行かなかった方も、ランチはケーキ付きのセットを食べ、夜はお酒を交えてのディナーと、1日の摂取カロリーが大変なことになっていた方も少なくないはずでは?まずは、取りすぎたカロリーの清算と、開いた胃を小さくすることが大切なのです。

そこで捨てるべきなのが「1日3食」という概念。お腹が空いたときに、空いてしまった量だけ食べるようにしてみましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.