くらし情報『佐々木蔵之介が一人で「マクベス」20役を演じる!』

2015年7月9日 08:00

佐々木蔵之介が一人で「マクベス」20役を演じる!

ささき・くらのすけ1968年、京都府生まれ。劇団・惑星ピスタチオを経て、映像にも活動の範囲を広げる。\'00年の朝ドラ『オードリー』で注目され、以降、話題作に次々と出演。\'09年スタートのドラマ『ハンチョウ』はシリーズ6まで続く人気作に。主演映画『夫婦フーフー日記』公開中。

ささき・くらのすけ1968年、京都府生まれ。劇団・惑星ピスタチオを経て、映像にも活動の範囲を広げる。'00年の朝ドラ『オードリー』で注目され、以降、話題作に次々と出演。'09年スタートのドラマ『ハンチョウ』はシリーズ6まで続く人気作に。主演映画『夫婦フーフー日記』公開中。

シリーズ6まで長きに渡って主演を務めた『ハンチョウ』など、数々の映画やドラマに代表作を持つ佐々木蔵之介さん。

次回作は、シェイクスピアの4大悲劇のひとつ『マクベス』。なんとこの舞台では、登場人物を全部ひとりで演じることになるんだとか。上演を前に、挑戦を続ける佐々木さんに今の心境を伺いました。

――これまでにも、市川猿之助さんからオファーされてスーパー歌舞伎に出演されるなど、大きな挑戦はあったと思いますが、今回は何が違いますか?

やっぱりひとりってことかな。でも、稽古もほぼひとりやから、ありがたいことに稽古のスタート時間を、スタッフの方が僕に聞いてくれるんですよ。「明るい時間に終わりたいから12時からでどうかなぁ。でも、そうなると皆、11 時から動かなアカンから大変やし…13時からだと遅いから、じゃあ12時半で!」って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.