くらし情報『実は簡単…!? 水族館で超かわいい写真が撮れちゃうコツ・前編 #30』

2018年3月16日 19:00

実は簡単…!? 水族館で超かわいい写真が撮れちゃうコツ・前編 #30

人気のプロカメラマンにスマホの撮影テクを教わっちゃおう!というこの連載、今回のテーマは “水族館”。 水槽の中で激しく動き回る魚くんたちをカメラ素人がスマホで撮れるのでしょうか?そのコツを聞いてきました!

写真・文:田代わこ

【カメラマンが教える! いいね! がつくスマホの撮影テク】vol. 30

今回もプロカメラマン、佐藤朗先生に撮影テクをお聞きしましたので、2回にわけてレポートします。まずは水槽を撮るときの基本からスタート!

水槽を撮るときのコツって?

水槽越しに撮影すると、ガラスに自分の姿やカメラが写り込んでしまってうまく撮れない……なんてこと、よくありますよね。特に、水槽の外が明るい状況では、自分の姿がバッチリ写ってしまいます。そんな写り込みを防ぐには、
できるだけスマホを水槽に近づけて撮影するとよい
、とのこと。

目次

・水槽を撮るときのコツって?
・魚の撮り方、入門編
・動き回る魚の撮り方は?
・ズーム機能は使っていいの?
・次回はクラゲとペンギンにチャレンジ!
・Information

実は簡単…!? 水族館で超かわいい写真が撮れちゃうコツ・前編 #30


上の写真は同じ水槽を撮ったものです。左の写真にはスマホが写っていますが、右ではカメラを水槽に近づけたため写り込みが防げました。水槽の中は明るいので、スマホをガラス面に近づければブレ防止にもなるそうです。

魚の撮り方、入門編

それでは魚を撮ってみます。まずは動きの少ないサンゴの撮影からチャレンジ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.