くらし情報『歩幅狭くはNG お尻に効果アリの「簡単スクワット」』

2018年10月20日 20:00

歩幅狭くはNG お尻に効果アリの「簡単スクワット」

下半身の広い範囲に効くとして巷で人気のスクワット。秒数を頭の中でカウントしながら、ゆっくりやるのが正解。体幹に無理なくスイッチが入り、体のラインがきれいに整うエクササイズだ。さっそく実践!
医学博士の小山勝弘先生が“お尻シングルスクワット”と“内ももプリエスクワット”のやり方を教えてくれました!
きゅっと上がったヒップになれる“お尻シングルスクワット”
踏み出して沈む動作が、ヒップアップ&太ももの引き締めに効果てきめん。前足にしっかりと体重を乗せて、立ち上がるときも前乗り気味で、がコツ。
歩幅狭くはNG お尻に効果アリの「簡単スクワット」


手を腰に当てて立ち、お腹に力を入れる。できるだけ大きく1歩前に踏み出し、息を吸う。息を吐きながら4カウントで腰を落とし、後ろの膝を床に近づけていく。前の太ももが床と平行になるくらいまで下げたら、息を吸い、ゆっくりと吐きながら4カウントで立ち上がる。同じようにして、足を踏み出した状態での上下運動を5回くりかえす。反対側の脚も同様に。

◎歩幅が狭いと効果は激減。
歩幅狭くはNG お尻に効果アリの「簡単スクワット」


歩幅が狭いと前に深く沈み込む動作ができず、お尻や太ももへの負荷がなくなってしまう。代わりに前に出した膝に負担がかかり、痛みの原因に。大きな歩幅で行って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.