くらし情報『“ネバネバ唾液”はNG 口の中をきれいにキープする簡単テク6!』

2018年11月16日 20:30

“ネバネバ唾液”はNG 口の中をきれいにキープする簡単テク6!

口内の健康を保つうえで、最も重要な唾液。その中でも増やしたいのは、ネバネバではなくサラサラしたきれいな唾液です。姿勢、鼻呼吸、副交感神経がカギ。今日から唾液増加トレーニングを始めましょう!
歯科医・森 昭先生が、唾液増加トレーニングを教えてくれました。
前傾姿勢を意識しよう。
“ネバネバ唾液”はNG 口の中をきれいにキープする簡単テク6!


唾液の分泌を増やすには、血行を促す姿勢を心がけることが大事。「ポイントは、足の親指に重心が乗るような姿勢です。それにより、“第二の心臓”とよばれるほど血行を促進するポンプの力が強い、ふくらはぎのヒラメ筋に圧がかかって、血の巡りがよくなります。上半身を少し前に倒すと、親指に重心が乗りやすくなるでしょう」

椅子に浅く腰かけ、上半身を少しだけ前傾させる。足裏はべったり地面についた状態で、親指に重心を乗せることを意識しよう。この時、ふくらはぎに張りを感じたら、血行が促せているサイン。唾液の分泌も、自ずとよくなるはず。立っている時も、同様に、前傾&親指重心を心がけて。
湯船にゆっくりつかろう。
液には、リラックスした時に出る“サラサラ唾液”と、緊張状態の時に出る“ネバネバ唾液”の2種類がある。「両方大事ですが、ストレスが多い現代人は、ネバネバ唾液が過多になりがちなので、サラサラ唾液を増やすことを意識。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.