くらし情報『厳戒ロンドンの今…ロックダウン下で女性たちが夢中になっていること』

2020年4月11日 19:10

厳戒ロンドンの今…ロックダウン下で女性たちが夢中になっていること

ベルリン在住の著者は、旅行でロンドン滞在中に、ドイツに入国が困難な状態に。それ以来ロンドン暮らしを余儀なくされています。そこで、ロックダウン中であるロンドン市民がおうちでどのように過ごしているか、教えてもらいました。

目次

・とにかく手料理を作る
・たまっていた本を、徹底的に読み込む
・お部屋の掃除をする
・オンラインレッスンで、新しいスキルを身に着ける
・体を動かすために、走る!ヨガをする!
厳戒ロンドンの今…ロックダウン下で女性たちが夢中になっていること


現在ロンドンではロックダウンが3週間目に突入(2020年4月11日現在)。ロックダウンする直前に恋人の家へ行きそこで暮らしている人がいたり、会社に行けない人がいるなど、今まで経験したことのないことばかりが続いています。

私は知人宅にお邪魔しています。同居人の1人は、ロックダウンがスタートした直後に会社から「給料は払えないし、会社自体も続けられない」という話をされたようですが、なんとか国から保証が出るようで、今はのんびり過ごしています。

さて、そんなロックダウン生活で、彼女達や私がチャレンジしている5つのことをご紹介します。

とにかく手料理を作る

厳戒ロンドンの今…ロックダウン下で女性たちが夢中になっていること


普段のロンドナーはとにかく忙しい!一般的に中心地は家賃が高額なため、少し離れたところに住んでいる人が多く(通勤に30分〜1時間以内は一般的)、仕事が終わって自宅に着くと19時、20時の場合が多いのです。そのため、帰宅時にスーパーでレンジで温めるだけでいい食事を買って帰る人や、レストランで持ち帰りをする人が多く、普段から時間をかけて料理をする人はそれほど多くない印象です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.