くらし情報『田中圭「優しさを出すとかわいくなる」「ケンカツ」第6話、史上最大の衝撃展開へ』

2018年8月18日 16:00

田中圭「優しさを出すとかわいくなる」「ケンカツ」第6話、史上最大の衝撃展開へ

Photo by cinemacafe.net

吉岡里帆が演じる新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描くヒューマンお仕事ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」。8月21日(火)放送の第6話は、田中圭演じる京極大輝が中心の回ということで、田中さんのコメントと共に見どころをチェック!

生活保護受給者と向き合う激務必至の「生活課」を舞台にした本作は、えみるが毎回受給者たちの壮絶な人生に直面し困惑しながらも、目の前で困っている誰かのために汗をかきながら自立への手助けをしていく…というストーリー。

第6話、親子に一体何が…

第5話では、自分がうつ病であること以外何も語らない島岡光佐野岳)をえみるが担当することに。親族による援助が可能かを確認する“扶養照会”もかたくなに拒否したため、仕方なく家族のことを調べると、島岡雷(小市慢太郎)という総合病院の院長の息子だったことが判明。えみるは、京極(田中さん)の指示で扶養照会を強行すると早速、行方知れずの息子を心配していた父・雷が上京。しかし、島岡は宿泊施設から逃走、自殺未遂を起こしてしまう…。そして、京極は自らの判断が受給者の命の危険を招いたと感じ、「この件は、すべて自分の責任で対処する」と宣言した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.