くらし情報『『監獄のお姫さま』最終話あらすじ - かわいくてステキなおばさんたちよ、ありがとう』

2017年12月20日 14:00

『監獄のお姫さま』最終話あらすじ - かわいくてステキなおばさんたちよ、ありがとう

『監獄のお姫さま』第9話のレビュー・あらすじ

■『監獄のお姫さま』最終話あらすじ

爆笑ヨーグルト姫事件の実行犯と思われるプリンス(ナリット)を問い詰めるふたば(満島ひかり)たち。殺人を依頼したのは吾郎(伊勢谷友介)だと白状させたいが、プリンスは頑なに「しのぶに頼まれて俺がやった」としか言わない。

そんな状況を見て吾郎は取引を持ちかける。今降参すれば拉致したことについては罪を問わない、被害届も出さないから解放しろ、と。しかし、開放されるや否や吾郎は被害届を提出。カヨ(小泉今日子)たちは捕まってしまう。

一方、のぶりんこと検事の長谷川(塚本高史)は助手の今池(上川周作)と共に沖縄へ。事件当時、しのぶ(夏帆)と吾郎(伊勢谷友介)がパラセーリングを申し込んでいたボートハウスで事件の証拠となる事実を掴む。

それが決め手となり、吾郎は逮捕。被害届も妻・晴海(乙葉)の説得で被害届も取り下げられ、カヨたちは無事釈放。そして、いよいよ吾郎の裁判が始まる……。

■『監獄のお姫さま』最終話感想 - イケメン社長と決着をつける日

最終話、ついに吾郎の罪がすべて明らかになる。

のぶりんが沖縄でつかんできた証拠によって次々とボロが出てくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.