子どもの不調は「ママの手」でケア! 元気がない時は、ココをもんであげよう!

2017年6月17日 20:00
 

まちとこ出版社 ライター
まちとこ出版社

目次

・そういえば、子どもに触れなくなっていない?
・子どもにとってお母さんの手は魔法の癒し
・触れ方1:爪もみ 血流をよくして免疫力を高めよう
・触れ方2:手のひらもみ 手のひらを開くと心も広がる
・触れ方3:足裏もみ 足裏をもんで疲れをとる
・触れ方4:背中もみ 背骨の両脇は大切なツボでいっぱい

© green - Fotolia.com


季節の変わり目は大人も子どもも体調を崩しやすい時期。特に、じめじめとした梅雨時は、気持ちも体調もすっきりしないことが多くなります。そんな時は、ママの手(もちろんパパの手でも!)で触れてあげるケアをすれば、子どもの心も体も元気になるかもしれません。

今日からできる「子どもを元気にする」4つの触れ方を、鍼灸師の高橋みど里先生にご紹介いただきました。すきま時間にできるものも多いので、自分たち親子に合う方法を見つけてみてくださいね。

■そういえば、子どもに触れなくなっていない?

赤ちゃんの時は抱っこしたり、授乳したりする時にいっぱい触れる機会があります。赤ちゃんはママに触れてもらうことが大好き。触れてもらった手のぬくもりから愛されていることを実感し、心も体も健やかに成長するのだそう。

でも、子どもが成長するにつれて、意識して触れ合う努力をしないと、子どもとのスキンシップの時間は減りがちです。「そういえばこの頃忙しかったし、あまり子どもに触っていないな」なんてふと思ったりしませんか? 

■子どもにとってお母さんの手は魔法の癒し

触れられてうれしいのは赤ちゃんだけではありません。大人だって、うれしい時に頭や頬をなでられれば幸せな気持ちになるし、悲しい時に抱きしめてもらえば心がやわらぎます。成長して赤ちゃんではなくなっても、子どもは触れてもらってうれしいはずです。



特に原因がないのに子どもがどこか痛がったりする場合は、もしかしたらかまってほしいだけだったり、不安やイライラを抱えていたり、心の問題が関係しているのかもしれません。そのような場合はママの温かい手で触れてあげるだけでも子どもは安心するそう。

今回は、触れ方とそのポイントを教えていただきました。



新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.