今年こそ「梅しごと」にトライ! 梅酒、梅シロップ、梅干しをおいしく作るには?【人気ブロガーのレシピ付き】

2017年6月16日 19:00
 

根本厚美 ライター
根本厚美

目次

・「梅シロップ」と「梅酒」の作り方のコツ
・漬けおわった梅で、ふっくら「梅ジャム」づくり
・「カリカリ梅」は、小粒の青梅で
・完熟の黄梅で作る「自家製梅干し」


スーパーに梅の実が出回る季節になりました。「梅酒」や「梅干し」「梅シロップ」など、この時期ならではの楽しみといえば「梅しごと」ですね。

「今年こそトライしてみようかな」という方は必見! 梅しごとの達人でもある人気ブロガーのYUKAさん&FU-KOさんに、おすすめレシピ作り方のコツを教えていただきました。

■「梅シロップ」と「梅酒」の作り方のコツ

梅雨のころに旬を迎える「梅」。すでに青梅を手に入れて「梅酒」や「梅シロップ」などを作り始めている方も多いはず…。

梅は収穫する時期や大きさによっても完熟度合いが変わります。「青梅は梅酒やシロップに」「黄梅は梅干しや梅ジャムに向く」など、それぞれに適した利用法があります。そのコツを知っておけば、時期をずらしていろいろな梅しごとが楽しめます。

毎年「梅しごと」を楽しんでいるのは、季節の保存食づくりに定評のある「YUKA's レシピ♪」のYUKAさん。今年もさっそく2kgの青梅を手に入れて、これからの夏を乗りきる「梅シロップ」と「梅酢シロップ」の2種類を作ったそうです!

エキサイトブロガー YUKAさんのブログ『イエシゴトVol.214 今年の梅シゴトと今週の下ごしらえ』より


今年は梅シロップ用に500g、梅酢シロップ用に500g、残り1kgは梅干し用に干して追熟しているそう。使う梅の量や使い方はその年によっていろいろ。

梅シロップは梅ジュースにすれば、子どもたちも楽しめます。お子さんのいるご家庭なら1本仕込んでおくのもいいかもしれません。

「梅シロップは梅と氷砂糖だけで作れますが、私は酸味が好きなので、酢を入れる梅酢シロップが好みです。お酢が苦手な方は梅と氷砂糖で作ってみるといいですよ」とさっそくコツを教えてくれました。

わかりやすいように、梅1kgでのレシピをご紹介します。

▼梅シロップの作り方

エキサイトブロガー YUKAさんのブログ『イエシゴトVol.113 梅しごとはじめました♪2015』より


<材料>
・梅 1kg
・氷砂糖 1kg
※梅酢シロップにするときは下記も追加
・リンゴ酢(普通のお酢でもOK)100cc

<作り方>
1、梅を洗ってヘタの部分をとって、傷あり・傷なしをより分け、水につけてアクをぬく。
2、水気をよくふき取ってから保存瓶に梅、氷砂糖、梅、氷砂糖…の順で、梅の隙間に氷砂糖が入るように交互に入れていく。
3、梅酢シロップにするときは、その上からリンゴ酢を入れ、あとは蓋をして冷蔵庫に入れるだけ。
【ここがポイント】
梅と氷砂糖を入れる際に、氷砂糖はどんどん沈んでいくのでできるだけ上に多めに入れること。液がないのに底に沈んでいると振っても混ぜづらいそう。また、梅が液に完全に漬かるまでは、1日1回はよく振って混ぜること。砂糖液や酢が梅の実の防腐効果の役目も果たしてくれるそうです。

これだけなのでとってもかんたんですね!
基本的な梅シロップの比率は、「梅:氷砂糖=1:1」。「そこにリンゴ酢を加えるときは、梅重量の1割(10%)が酸味的には飲みやすいと思います。なので、梅1kgなら、酢は100ccですね。あとはお好みで…OKです」とYUKAさん。

ちなみに、「今年は、梅500gずつに、氷砂糖を300gずつで作ってみました。今年は少なめに作ったので、飲みきりが早いと思って氷砂糖は少し控えめにして、逆にりんご酢を80ccと多めにしました。私は、酸味が強いほうが好きなのですが、酸味が苦手な方は50ccで大丈夫だと思います」と量の調整についてもアドバイスしてくれました。



新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.