くらし情報『妊娠中の野良犬を保護したら 生まれた子犬の数にびっくり 「よく頑張ったね」』

2022年1月24日 11:18

妊娠中の野良犬を保護したら 生まれた子犬の数にびっくり 「よく頑張ったね」

rileyhasfosters

アメリカのカリフォルニア州で、保護犬の一時的な世話を引き受けているライリーさん。

ある日、彼女は友人から「1匹の犬を世話してほしい」と頼まれ、快諾します。

その犬は、メキシコの汚い路上で車の下にいるところを、親切な人に保護された1匹のメスでした。

犬は妊娠していて、すでにお腹はかなり大きく、いつ出産してもおかしくない状態。

リスタと名付けられた犬は、急いでアメリカに住むライリーさんの家に連れて来られます。

ライリーさんに対して、人懐っこいリスタはすぐにしっぽを振ってきました。

それはまるで、「安心して出産できる環境を与えてくれてありがとう」といっているようでした。

小さな体の母犬から生まれた子犬はなんと…!

ライリーさんは、いつ子犬が生まれてもいいように準備をしていましたが、リスタにはなかなか出産の兆候が見られません。

しかし、ついにその瞬間はやってきます。リスタの出産が始まったのです。

リスタを診察した獣医師によると、「おそらく7~9匹の子犬が生まれるだろう」とのこと。

ところが実際には、なんと11匹の子犬が誕生したのです!

喜ばしいことに、リスタも子犬たちも全員が健康でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.