くらし情報『【妻、小学生になる。第4話 感想】明かされた『万理華』としての生活・ネタバレあり』

2022年2月17日 18:36

【妻、小学生になる。第4話 感想】明かされた『万理華』としての生活・ネタバレあり

目次

・千嘉が抱えていたもの
・追い打ちをかける『裏切り』
・少しずつ明かされる『万理華』としての記憶
【妻、小学生になる。第4話 感想】明かされた『万理華』としての生活・ネタバレあり

Twitterで人気ドラマの感想をつづり注目を集める、まっち棒(@ma_dr__817125)さんのドラマコラム。

2022年1月スタートのテレビドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

人の性格は『記憶』に基づいて形作られるとも言われている。甘えられない環境、信じていた人に裏切られた経験が人に与える影響は、人が思うよりずっと、強く遺っていく。

第4話では万理華(毎田暖乃)の母親・千嘉(吉田羊)の裏にある性格、そして過去が見えてきた。

今話は万理華を家まで送る場面を千嘉に目撃されてしまうところから始まる。

「この子を甘やかさないでもらえますか」

圭介(堤真一)と娘・麻衣(蒔田彩珠)が千嘉に最初に抱いた印象は『怖い』。

【妻、小学生になる。第4話 感想】明かされた『万理華』としての生活・ネタバレあり

ママだった貴恵(石田ゆり子)の今の『ママ』。想像と違う様子に、万理華の生活が気にかかるようになる。

圭介達は、来週に球技大会があることを知り、千嘉も応援に訪れると考え、万理華を応援しに行くことに。

【妻、小学生になる。第4話 感想】明かされた『万理華』としての生活・ネタバレあり

そして、球技大会当日に突然やって来た二人に驚いていたが、万理華は心から嬉しいようだった。

しかし、そこに千嘉の姿はなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.