くらし情報『【オールドルーキー 第7話感想】実はいい人!?増田貴久演じる梅屋敷聡太の心境の変化を紐解く』

【オールドルーキー 第7話感想】実はいい人!?増田貴久演じる梅屋敷聡太の心境の変化を紐解く

目次

・車いすテニスにかける梅屋敷の想い
・新町の影響とライバルだった塔子の存在
【オールドルーキー 第7話感想】実はいい人!?増田貴久演じる梅屋敷聡太の心境の変化を紐解く

ドラマ好きなイラストレーター、ゆう。(@yamapyou)さんによるドラマコラム。

2022年6月スタートのテレビドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の見どころや考察を連載していきます。

綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』の第7話は、車いすテニス吉木修二(福山翔大)と梅屋敷(増田貴久)の熱意がマッチした見応えのある回となった。

ビクトリーでは、初めてとなるパラアスリートのマネージメントをすることになったのだが、普段なら利益にシビアな梅屋敷が今回は並々ならぬ熱意で参加をしていた。

その理由は、大切な姪っ子への想いからだった。

家族を通じて、会社を通じて、このドラマでいま最も心情が変化している梅屋敷。

最初はカリカリしていて、いつも怒っている様子だったが、今はどうだろう。
表情がどことなく柔らかくなったように思える。

また、社内の人間やアスリートに対する思いやりも一段と増している。

最初はイケ好かないと思ったけど、実はいいヤツだった。

これが梅屋敷の正体である。

今回は梅屋敷が目に見えて変化をしていった要因を紐解く。

車いすテニスにかける梅屋敷の想い

梅屋敷にとって大きな存在となっていたのは、車いすに乗る姪っ子の近藤桜(池端杏慈)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.