くらし情報『今、アメリカで起きていること理解できていますか? 映画から見る『黒人差別』』

2020年6月9日 18:43

今、アメリカで起きていること理解できていますか? 映画から見る『黒人差別』

目次

・現実に胸がえぐられる『人種差別』闇の歴史
・『黒人差別』を描いた作品①マンディンゴ
・『黒人差別』を描いた作品②ミシシッピー・バーニング
・『黒人差別』を描いた作品③マルコムX
・『黒人差別』を描いた作品④デトロイト
・『黒人差別』を描いた作品⑤フルートベール駅で
今、アメリカで起きていること理解できていますか? 映画から見る『黒人差別』

アメリカのミネソタ州ミネアポリスで、2020年5月25日に起きた白人警官による黒人男性ジョージ・フロイドさんの死亡事故。これに端を発したデモは、今や全米に広がっています。

これは、アメリカの歴史に深く暗い差別の闇があるゆえのもの。

現代社会に根付く『黒人差別』をテーマにした映画から、その歴史を振り返ります。

現実に胸がえぐられる『人種差別』闇の歴史

『黒人差別』を描いた作品①マンディンゴ

最初に紹介するのは、1975年公開の映画『マンディンゴ』です。

アメリカはその成長の過程で大量のアフリカ系黒人奴隷を酷使してきました。その残酷な現実を突きつけたのが本作です。

今、アメリカで起きていること理解できていますか? 映画から見る『黒人差別』

主人公は、アメリカ南部ルイジアナで大農園を営む、卑劣な白人農園主とその息子。

息子の婚約者が黒人奴隷と恋に落ち、息子自身も黒人奴隷の娘に惹かれてしまう様子を、シビアな描写で描いた作品です。

今、アメリカで起きていること理解できていますか? 映画から見る『黒人差別』

劇中では、「我が農場では14歳を超えて処女の黒人女なんぞおらん!」などの黒人少女たちへの不当な性暴力発言や、黒人の子どもの人身売買、さらには「黒人に魂なんぞある訳ない!」など、胸をえぐられる描写が次々と出てきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.