くらし情報『心のどこかに、夢の中のような場所を』

2020年6月21日 10:34

心のどこかに、夢の中のような場所を

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・『見えない友達』と夢の中にいるような時間と
心のどこかに、夢の中のような場所を

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

『見えない友達』と夢の中にいるような時間と

(いつか大人になるのだから、急いで大きくならなくてもいいよ)

幼い子どもたちを見ているとき、ふっとそんな言葉をかけたくなります。子どもにとっても、大人にとっても、「大きくなる」ことは喜び。ひとつひとつ、階段を昇るような成長を見守る。それは子育ての醍醐味でもありました。

娘が4歳くらいまで、見えないお友達がいました。『もったん』と『いっちゃん』です。言葉を発するようになった頃からか、誰もいない空間に向かっておしゃべりをしているので、「誰とお話ししてるの?」と聞いてみました。

心のどこかに、夢の中のような場所を

「もったんといっちゃんと遊んでるの。ママ、見えないの?」

と不思議そうな顔をします。ママには見えないなあ、というと、驚いた顔をして、

「そこにいるよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.