くらし情報『加藤浩次、『軍団山本』クラスターに苦言 「その通り!」「よくいった」などの声』

2020年8月17日 15:57

加藤浩次、『軍団山本』クラスターに苦言 「その通り!」「よくいった」などの声

目次

・『軍団山本』の生配信、「感染対策が不十分」と批判が殺到
・加藤浩次が苦言「動画を見たけど、感染対策していない」
加藤浩次、『軍団山本』クラスターに苦言 「その通り!」「よくいった」などの声

2020年8月13日、お笑いコンビ『極楽とんぼ』の山本圭壱さんが新型コロナウイルス感染症に感染したことを公表しました。

『軍団山本』の生配信、「感染対策が不十分」と批判が殺到

山本さんは同月8日、自身が率いる『軍団山本』のYouTubeチャンネルにて、数名で生配信を行っていました。

互いに2mの距離を取ることもなく1つのテーブルを囲み、全員がマスクをしていない状態で約1時間ほど撮影。

生配信中には、歌を歌ったり席替えをしたりするなども行われていました。

しかしその後、配信に参加していたお笑いコンビ『ココリコ』の遠藤章造さん、お笑いコンビ『品川庄司』の庄司智春さん、お笑いタレントのじゃぴょん桑折さんの感染が次々と発覚。

「生配信時の感染対策が不十分だったのでは」と批判が相次いでいます。

また、その動画は山本さんが所属する事務所『吉本興業』の判断により削除されました。

山本さんら4人は、それぞれのTwitterアカウントなどで「感染予防が不十分だった」と謝罪しています。

加藤浩次が苦言「動画を見たけど、感染対策していない」

一連の騒動について、お笑いコンビ『極楽とんぼ』の加藤浩次さんは、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.