くらし情報『近藤春菜の持論に「反省した」「本当そう」 夫婦間の『不機嫌ハラスメント』とは?』

2020年12月15日 17:03

近藤春菜の持論に「反省した」「本当そう」 夫婦間の『不機嫌ハラスメント』とは?

目次

・『フキハラ』について、近藤春菜は…?
・ロバート・キャンベル「人間は不機嫌になる生き物」
近藤春菜の持論に「反省した」「本当そう」 夫婦間の『不機嫌ハラスメント』とは?

2020年12月15日放送の、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、夫婦間のハラスメントである『フキハラ』について特集。

ネット上では、夫や妻が不機嫌になり、パートナーが不快な思いをすることを『不機嫌ハラスメント』、略して『フキハラ』と呼ぶそうです。

同番組では、『フキハラ』の例として、このようなことを上げました。

・起床後「眠れなかった、疲れがとれない」と怒り、不機嫌な気持ちを隠さない。

・相手にゴミ出しをお願いしていたのに出し忘れていた。それを指摘すると不機嫌になり「忘れていたんだから仕方ないじゃん!」と開き直る。

・運転中、渋滞に巻き込まれ、不機嫌になり「もう二度と来たくない」などと怒鳴る。

『フキハラ』の例に対し、同番組の出演者からは「あるある」「分かる」などの声が上がりました。

『フキハラ』について、近藤春菜は…?

『フキハラ』について、同番組にコメンテーターとして出演していた、お笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜さんはこのようにコメントしています。

私も、父親と母親になんかいわれた時に、心を許しているから不機嫌を出しちゃうんですよ。

ちょっとイラっとして怒っちゃったりとか、いい返したり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.