くらし情報『自宅で切り花を楽しむには? プロから聞いた『育て方のコツ』が、ためになる』

2021年2月13日 18:04

自宅で切り花を楽しむには? プロから聞いた『育て方のコツ』が、ためになる

鉢植えとかだと、もともと土の中にいたものが出てくる場合もあるし、多少は仕方がないよ。

虫が嫌なお客さんは、たいてい切り花を購入しているよ。

鉢植えに虫がわいた時の対処方法は、温かい季節であればしばらく外に置くことです。通年でできる対処方法としては、新しい土に植え替えたり、専用の殺菌剤などを使ったりしましょう。

筆者は虫問題に悩まされたくなかったため、お家に連れて帰るのは切り花にすることにします!

2021年2月現在、オススメの切り花を尋ねたところ、「日持ちするのはカーネーション、トルコキキョウ、ユリ。季節を感じるならチューリップ、スイートピー、アネモネ」とアドバイスされます。

「できる限り日持ちさせたい…」と思い悩んでいた筆者の心を動かしたのは、漆原店長のこんなひと言。

どう考えるかだよね。日持ちのいい花を買って長く楽しむのか、それとも、自分が好きな花に癒されたくて買うのか。

自宅で切り花を楽しむには? プロから聞いた『育て方のコツ』が、ためになる

「選ぶ本人が、花を飾ることで何を得たいのか」が一番大切だと教わった筆者は、在宅勤務中のちょっとした心の癒しを求めていたことを思い出し、季節の花であるピンクのチューリップを選ぶことにしました!

自宅で切り花を楽しむには? プロから聞いた『育て方のコツ』が、ためになる

オススメの花瓶や、切り花を日持ちさせるコツを聞いてみた!

花を入れる花瓶で、オススメの材質やサイズって?

切り花と決めたら、次に気になるのは花瓶の種類です!せっかくならばかわいい花瓶を使いたいですが、そもそも材質やサイズによって、花の日持ちは左右されるのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.