くらし情報『パンサー尾形の『無自覚DV』に青山テルマがズバリ 「よくぞ言った」「スカッとする」』

2021年3月10日 12:10

パンサー尾形の『無自覚DV』に青山テルマがズバリ 「よくぞ言った」「スカッとする」

パンサー尾形の『無自覚DV』に青山テルマがズバリ 「よくぞ言った」「スカッとする」

著名人が反面教師として自らの失敗エピソードを明かす、バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)。

2021年3月7日の放送では『家庭内に潜むモラハラの改善方法を徹底解説』と称して、モラル・ハラルメント(通称:モラハラ)とドメスティック・バイオレンス(通称:DV)を特集しました。

モラハラやDVは、パートナーに対する精神的、肉体的な暴力を指します。家庭内で起こる問題のため、被害者は助けを求めづらい状況に立たされてしまうのです。

パンサー尾形貴弘の『無自覚DV』に青山テルマがズバリ

この日の放送では、お笑いトリオ『パンサー』の尾形貴弘さんが、妻に行っていたモラハラやDVを振り返りました。

当時、尾形さんは、妻に対してやたらと自分の母親との比較をしてしまっていたといいます。

「うちの母親はそんな言葉づかいをしない」「母親は晩ご飯をもう1、2品作ってた」といった言葉を無意識に投げかけていたそうです。

誰しも、他人と比較して批判されるのは嫌な気分になるはず。比較対象がパートナーの家族であれば、なおさらです。

これらの発言にまったく悪気がなく、妻が傷付いていたことを知って衝撃を受けたという尾形さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.