くらし情報『“ヒモ時代”自宅出産も乗り越え…恵俊彰語る「妻への感謝」』

2019年10月16日 06:00

“ヒモ時代”自宅出産も乗り越え…恵俊彰語る「妻への感謝」

“ヒモ時代”自宅出産も乗り越え…恵俊彰語る「妻への感謝」


「本当にヒモですか?」。TBSの朝の顔の衝撃の告白に記者も思わず聞き直した。下積み時代も、自宅出産さえも、共に乗り越えてきた妻との23年ーー。

朝5時ごろ、目を覚ました恵俊彰(54)はテレビをつけると、チャンネルをニュース番組にあわせ、一般紙2紙とスポーツ紙1紙に目を通す。気になるニュースがあったら、いつの間にか起きていた妻(52)に声をかける。

「ねぇ、この事件ってどう思う」

4人の子どもの通学の準備に忙しい妻は、しばし手を止めて、夫の質問に答えてくれる。8時過ぎにはTBSに入り、10時25分から始まる『ひるおび!』の放送に備える。もう、こんな生活を10年続けてきた。

「これほど長く情報番組のMCを任せてもらえたのも、妻のおかげでしょうね」

「ひるおび!」放送後の打ち合わせを終えて、本誌のインタビューに応じた恵は、相好を崩してそう断言する。

芸人として“食えない下積み時代”から、物心両面で支えてくれた糟糠の妻には感謝しかない。

「下北沢の『鈴木荘』ってとこに住んでいたんですよ。家賃が3万円ぐらいなんですが、それを払うのも苦労していました。だから、結婚前の妻が会いにきてくれたときも、お金をもらっていて……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.