くらし情報『中学2年で全日本カート選手権優勝 堂園さん親子の二人三脚』

2021年12月27日 15:50

中学2年で全日本カート選手権優勝 堂園さん親子の二人三脚

中学2年で全日本カート選手権優勝 堂園さん親子の二人三脚


「将来の目標は、F1レーサーです」

あどけなさの残る顔を真っ直ぐこちらに向けて、彼はキッパリとこう言った。

パイプフレームにむき出しのエンジン、タイヤ、それにシート……、必要最小限のパーツだけを取り付けた簡素で小さな車体で競い合うレーシングカート。モータースポーツの最高峰・F1への登竜門とも言われ、いま世界で活躍するトップレーサーのほとんどは、このカートの経験者と言われている。

そのカート界でいま、まばゆい才能を発揮しているのが彼、堂園鷲(しゅう)選手だ。若干14歳、中学2年生の彼は今年、大人も参戦する全日本カート選手権のFS-125(シニア)部門で、見事シリーズチャンピオンに輝いたのだ。

鷲くんが初めてハンドルを握ったのは2歳半のとき。趣味でカートに乗っていた父・謙さん(56)が、芝刈り機のエンジンを積んだキッズ用カートを買い与えたのが最初だった。以来12年間、父と息子は2人で、二人三脚で走り続けてきた。

「鷲はどこのチームにも所属していませんし、スクールに入れたこともない。だから、ドライビング技術などを教えた僕が、ここまで彼を1人で育ててきたんです」

こう謙さんは胸を張る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.