くらし情報『家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!』

家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!

2018年4月19日 12:03
 

菌やウイルスは、一年中心配が尽きませんよね。とくにお子さんやペットのいるご家庭では、掃除を念入りにして気をつけていても、きちんと対策できているのか不安だったりしませんか?そこで今回は〔エーザイ〕の竹口秀さんに、ウイルスや菌への対策と、抗菌という今までにない発想の新製品《イータック®️抗菌化スプレーα》のおすすめの使い方を聞きました!

菌やウイルスに気をつけるべき時期や場所って?

目次

・菌やウイルスに気をつけるべき時期や場所って?
・菌やウイルスの除去と抗菌を一度にできる《イータック®️抗菌化スプレーα》って?
・《イータック®️抗菌化スプレーα》で大切にしているのは「安心」であること
・《イータック®️抗菌化スプレー》はマスクユーザー必見!
・抗菌パワーで安心できる環境作りを
家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!


——ウイルスや菌について長年研究を重ねてこられた〔エーザイ〕さんに伺いたいのですが、ウイルスや菌で、気をつけるべき季節や場所はあるのでしょうか?

竹口秀さん(以下、竹口さん):ウイルスや菌が多くなるのは乾燥した冬場のイメージがありますが、年間を通してさまざまな種類の菌が発生するので、日常的に対策をしていただきたいと思っています。家の中では、とくにキッチンに気をつけていただきたいですね。

——キッチンですか!トイレが一番かと思っていたので驚きです。

竹口さん:もちろんトイレにも対策は必要ですが、キッチンは水気が多く、生の食材を扱うので菌が広がりやすいんです。お肉や魚を調理した後のまな板や包丁、生ゴミを入れる三角コーナーやディスポーザーに排水口など、気をつけたい箇所がたくさんあります。

——なるほど。掃除をしっかりしていても、心配な部分でもありますね。

竹口さん:また、家の中だけでなく“外から菌やウイルスを持ち込まない”というのも大切です。外で接触した菌やウイルスは、上着や帽子、靴、ドアノブなどにも付着しています。

——手洗い、うがいだけでは防げない部分ですね!では、どのように対策したら良いのでしょうか。

菌やウイルスの除去と抗菌を一度にできる《イータック®️抗菌化スプレーα》って?

家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!


竹口さん:まずは菌やウイルスをしっかり除去し、寄せ付けないように抗菌することが大切です。〔エーザイ〕の《イータック®️抗菌化スプレーα》なら、幅広い菌やウイルスに作用し、対象物に結合してバリアを作るので、抗菌作用が長持ちします。

——“抗菌バリア”とは頼もしいですね。実際にどのくらい持つのですか?
竹口さん:1本でおよそ800プッシュ分使用できます。

——800回分も!ものすごいコスパの良さですね。では、具体的な使い方を教えてください。

竹口さん:はい。対象物に対して《イータック®️抗菌化スプレーα》を2〜30センチ離したところから噴き付け、乾いたらバリア完了です。机などの広いところの場合は布で拭き広げるとより良いですね。ノンアルコールで、使用中、手についてしまっても大丈夫な成分なので、家中どこでもお使いいただけますよ。

——ノンアルコールなんですね!こういった除菌や抗菌をうたう商品はアルコールを含むものが多いイメージですが、ノンアルコールなら小さいお子さんのいるご家庭やお肌が敏感な方でも安心ですね。

《イータック®️抗菌化スプレーα》で大切にしているのは「安心」であること

家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!


竹口さん:《Etak®️》はもともと“口腔内の抗菌加工”を目標に開発された背景があるため、小さいお子さんのオモチャやペット用品にも安心してお使いいただけます。

——赤ちゃんやペットが口にしても大丈夫というのはうれしいですね。

竹口さん:実際に小さいお子さんを持つ親御様からのご感想もよくいただいています。また、ペット周りにも使った結果、臭いが気にならなくなったという声もあるんです。

——どんな家庭でも気になる部分に使えるというのが良いですね。

竹口さん:はい。開発にあたり大切にした部分ですね。

——では次に、おすすめの使用方法について教えてください。先ほど菌やウイルスに気をつけたい場所とおっしゃっていたキッチンはどうですか?

竹口さん:キッチンは、やはり生ものの調理やゴミを扱う部分と水回りに使うのがおすすめです。《イータック®️抗菌化スプレーα》は水拭きをしても抗菌作用が続くので、例えばまな板や包丁、お弁当箱にも使っておくと安心です。とくにディスポーザーや排水口のぬめりと臭いは菌が原因なので、気になる方は試してみてください。お風呂場でも掃除の後に噴き付けると、カビの繁殖の防止になりますよ。こういった水回りに使う場合には、濡れたままよりも乾いた後に使うとより良いでしょう。トイレや洗面所なども含めて、“普段の掃除の後に乾いてから噴き付ける”のが良いかと思います。——なるほど、“掃除の後に《イータック®️抗菌化スプレーα》で仕上げる”という習慣にすると良さそうですね。他にはどういった使い方がありますか?

竹口さん:他には、“頻繁に洗えないもの”や“外出前後に触れるもの”に使っていただくと良いかと思います。まず“頻繁に洗えないもの”ですが、玄関マット・バスマットやカーペット、ソファカバーやカーテンなどのファブリック類ですね。最近人気の珪藻土のマットにも使えますよ。またお子さんの剣道着などのスポーツグッズにもおすすめです。

——確かに、洗えない代わりに《イータック®️抗菌化スプレーα》をするというのは良さそうです!“外出前後に触れるもの”についてはどうですか?

家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!


竹口さん:上着やコート、スーツなどの外出着や靴に帽子、鞄やランドセルなどには、外出前に使っていただくと菌を持ち帰らずに済むのでおすすめです。また、スマートフォンのカバーやお財布など、外出先でよく触るものにも菌やウイルスが付きやすいので対策していただきたいですね。また、帰宅してすぐ触れるようなドアノブなどにもご使用になると、菌やウイルスが家庭内に広がるのを防ぐことができます。

——なるほど。“頻繁に洗えないもの”や“外出前後に触れるもの”ですね。早く家中をスプレーしたくなってきました!では逆に、《イータック®️抗菌化スプレーα》を使えない場所、または気をつけるべきことはありますか?

竹口さん:木・布・プラスチックなど幅広くお使いいただけますが、革製品などシミが心配なものは目立たない場所で試してからご使用いただくと良いと思います。水分がダメな金属や精密機械では使用できません。またガラスや鏡、メガネなどはくもりやすくなる可能性があるので避けてください。

——なるほど、わかりました!

《イータック®️抗菌化スプレー》はマスクユーザー必見!

家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!


——《イータック®️抗菌化スプレーα》のお話を伺ってきましたが、こちらの小さいボトルの《イータック®️抗菌化スプレー》との違いを教えてください。

竹口さん:こちらは、マスク専用の商品なんです。違いは、アルコールが含まれていることですね。マスク専用ということで、アルコールが入っていると乾燥するのが早くなるために配合しています。外出前にマスクの裏表に吹き付けてから装着すると、外からの菌を寄せ付けないだけでなく、マスク内の臭いも防ぐことができます。24時間効果が持続するので、一日中快適にお過ごしいただけると思います。

——それは良いですね!今では花粉やウイルス対策など、マスクを手放せない季節が増えてきました。マスクユーザーにはマストなアイテムになりそうですね。

竹口さん:一日に、平均で7〜8回マスクに手で触れる人が多いそうです。それではせっかくマスクをしていても、手から菌が移って繁殖してしまいます。しっかり予防するためにも、ぜひ使っていただきたい商品です。

抗菌パワーで安心できる環境作りを

家庭で知っておきたいウイルス対策って?〔エーザイ〕さんに聞きました!


竹口さん:《Etak®️》はその作用が評価され、多くの病院や学校、公共施設などでも使われています。〔エーザイ〕の社内でも毎週金曜日に《イータック®️抗菌化スプレーα》を使用するのが習慣になっています。ぜひご家庭でも安心できる環境づくりにご活用ください。

一年中、気が抜けない菌・ウイルス対策ですが、《イータック®️抗菌化スプレーα》があればどんな季節でもリラックスして過ごせる家にできそう♪ぜひ気になるさまざまなところに《イータック®️抗菌化スプレーα》のパワーを試してみてくださいね。

《イータック®️抗菌化スプレーα》についてもっと詳しく見る♪
http://www.eisai.jp/health-care/products/etak2/lp/

●ライターキリガヤアスミ

●写真土佐麻理子

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.