くらし情報『年収の計算方法をご紹介。いつからいつまで?交通費は含む?』

2019年1月28日 22:28

年収の計算方法をご紹介。いつからいつまで?交通費は含む?

目次

・サラリーマンなら「昨年の額面」または「月収の12倍」
・サイト運営などの副収入も加える人が増加中
・実際の支給額は給与明細を見るしかない?
・婚活で大切なのは「総額の手取り額」
・年収を簡単にシミュレーションする方法は?
・まとめ:年収計算は数字が分かれば方法は簡単!
年収の計算方法をご紹介。いつからいつまで?交通費は含む?


こんにちは、婚活FP山本です。みんなが普段、何気なく使っている「年収」という言葉は、意外なほどに含む内容や計算方法が人によって違います。シンプルに「額面」を考える人もいれば、「手取り額」が普通と考えている人もいる訳です。特に婚活においては、男女の様々な思惑が絡むため、なおさら実情と数字が異なりやすいかもしれません。そこで今回は改めて、基本的な年収の考え方や計算方法をお伝えします。あなたの人生に、お役立て下さいませ。

サラリーマンなら「昨年の額面」または「月収の12倍」

サラリーマンなら「昨年の額面」または「月収の12倍」

基本的な年収の計算方法
まずは一般論ともいえる基本的な年収の計算方法です。一般的な年収とは、昨年の額面年収、または平均的な月収の12倍をいいます。このため、例えば退職金のような一時的な収入は入れませんし、親からもらった一時的な贈与のお金なども含めないのが基本です。

その一方、会社というのは本当に様々な給与形態を取っているため、相手がサラリーマンなら内訳も様々といえます。「基本給」や「家族手当」などの一般的な呼称すら、呼び方や数字が違うこともある程です。会社によっては年俸制、人によっては日雇いもありますね。

また収入が不安定なフリーランスや自営業者の場合は、計算の根本自体が不安定ですから、大体の見込み年収を言うこともあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.