くらし情報『生命保険に相続税はかかる?課税対象となるパターン&計算方法をFPが解説!』

2019年8月18日 14:00

生命保険に相続税はかかる?課税対象となるパターン&計算方法をFPが解説!

目次

・重要!相続税は、すべての人にかかる税金ではない
・生命保険と相続税の重要ポイント
・相続税が課税されるパターンは、基礎控除額を超えた場合
・相続税を納めている人の現状
・まとめ
生命保険に相続税はかかる?課税対象となるパターン&計算方法をFPが解説!


生命保険は、死亡などによって保険金が支払われるものから、病気やけがによる治療によって保険金が支払われるものなど様々な種類があります。

なお、税法上、受け取った保険金は、税金がかかるものとかからないものに分けられる特徴があるのですが、相続税がかかる生命保険とは、基本的に受け取った死亡保険金の金額や保険契約が大きく関係します。

そこで本記事では、生命保険と相続税の関係についてポイントの解説を進めていきます。

重要!相続税は、すべての人にかかる税金ではない

重要!相続税は、すべての人にかかる税金ではない


https://www.jili.or.jp/

法定相続人には、配偶者、子供、父母、祖父母、兄弟姉妹など、家族構成や人数が大きく関係しますが、妻や夫といった配偶者は、常に相続人になる決まりとなっています。

なお、上記図の計算例では、夫が死亡し、法定相続人が配偶者である妻と子供1人の場合となっており、計算式にあてはめて計算すると相続税の基礎控除額は4,200万円と計算されます。

法定相続人には順位が設けられている
法定相続人は、法律上、故人の財産を相続できる順位が設けられており、ポイントは以下の通りです。

生命保険に相続税はかかる?課税対象となるパターン&計算方法をFPが解説!


https://www.smbc.co.jp/

法定相続人には、第1位順位から第3位順位まであり、ポイントは、先順位の人が1人でもいる場合は、後順位の人は相続人にならないところにあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.