くらし情報『【年末調整】生命保険料控除申告書の書き方&注意点をFPがわかりやすく解説!』

2019年11月10日 14:00

【年末調整】生命保険料控除申告書の書き方&注意点をFPがわかりやすく解説!

【保険料控除申告書の記入②】控除額を計算して記入
控除証明書から転記した保険料等の金額をもとに、以下の計算方法により控除額を計算し記入します。

[adsense_middle]

生命保険料控除額の計算
旧契約と新契約では控除額の計算方法も異なり、それぞれの保険料控除区分ごとに計算した後に全体で控除額の調整を行います。

【年末調整】生命保険料控除申告書の書き方&注意点をFPがわかりやすく解説!


新旧両方の契約がある場合の計算方法・上限額(*)
新旧両方の契約がある場合、各保険料区分ごとに次のように計算します。

  • 旧契約保険料が6万円超の場合:旧契約の支払保険料のみで計算した控除額(最高5万円)
  • 旧契約保険料が6万円以下の場合:新契約の支払保険料で計算した控除額と旧契約の支払保険料で計算した控除額の合計額(最高4万円)
新契約の控除額の計算方法
契約日が2012年1月1日以降の新契約の控除額は、3つの保険料区分(新生命保険料・介護医療保険料・新個人年金保険料)ごとに、次の計算式により計算します。
【年末調整】生命保険料控除申告書の書き方&注意点をFPがわかりやすく解説!

*支払保険料等は、その年に支払った保険料から受け取った剰余金・割戻金を差し引いた金額

旧契約の控除額の計算方法
契約日が2011年12月31日以前の旧契約の控除額は、2つの保険料区分(旧生命保険料・旧個人年金保険料)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.