くらし情報『【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説』

2019年11月19日 14:00

【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説

目次

・スルガ銀行不正融資問題の大まかな概要
・不正融資が発生してしまう悪しき仕組みと内容とは
・不正融資問題はいつ発覚した?
・不正発覚後の対応は?
・まとめ:スルガ銀行不正融資問題で不動産価格が下がるかも
【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説


https://manetasu.jp

不動産投資などの投資をしている人であればスルガ銀行という名前を聞いて知らない人はいないでしょう。

不動産投資ローンといえばスルガ銀行といっても過言ではないくらい、不動産投資においてスルガ銀行でローンを組んでいる人はたくさんいます。

そんな中、昨年テレビ番組の取材などによって世に知られることになったスルガ銀行の不正融資に関する問題は、不動産業界・投資業界全体に大きな衝撃を与えました。

その衝撃が一時的なものにとどまらず、不動産価格の下落に大きく影響する可能性すら出てきていることをご存知でしょうか。

本記事では、スルガ銀行に端を発した不正な融資に関する問題の概要や原因、今後の不動産投資業界全体に与える影響や理由について解説したいと思います。

スルガ銀行不正融資問題の大まかな概要

スルガ銀行不正融資問題の大まかな概要


スルガ銀行が起こしたあるまじき貸付けの問題とは、スルガ銀行が投資を目的として物件を購入する個人に対してする融資の際に、ローンを組む際の審査の基準を満たしていない案件について通帳のコピーなどの審査書類を騙すつもりでに偽造したり、偽造してくださいと不動産会社に指示を出したりといった形で、不正に貸付けが行われていた問題のことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.