くらし情報『パートでも雇用保険に加入した方がいい?対象条件&メリットをFPが解説!』

2019年12月21日 14:00

パートでも雇用保険に加入した方がいい?対象条件&メリットをFPが解説!

目次

・雇用保険の仕組みと対象
・雇用保険加入に必要な労働時間や日数の条件は?
・最大のメリットは失業保険
・教育訓練給付や雇用継続給付ももらえる
・パートの雇用保険に関するまとめ
パートでも雇用保険に加入した方がいい?対象条件&メリットをFPが解説!


https://manetasu.jp

パートで仕事をするとき、社会保険に加入すれば保険料で手取りが減るので、加入したくないという人も多いのではないでしょうか?

雇用保険も広い意味での社会保険の一種ですが、健康保険や厚生年金とは入るための条件が違ってきます。本記事では、パートで働く人が雇用保険に入るための条件やメリットについて説明しますので、参考にしていただければ幸いです。

雇用保険の仕組みと対象

雇用保険の仕組みと対象


厚生労働省

二事業の保険料率とは?
雇用保険の二事業とは、雇用安定事業と能力開発事業のことです。雇用安定事業には、事業主に対する助成金、中高年齢者等への再就職支援、若者や子育て中の女性に対する就労支援が含まれます。

能力開発事業には、在職者・離職者に対する訓練、事業主が行う教育訓練への支援などがあります。これらの二事業は、事業主の保険料のみを財源として行われています。

条件を満たせば入る義務がある
雇用保険に入りたい場合、加入条件を満たしている必要があります。また、加入条件を満たしていれば、入りたくなくても入らなければなりません。

加入手続きはどうやってする?
加入手続きは、事業主が行います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.