くらし情報『ママ必見! 正しい粉ミルクの作り方と赤ちゃんに最適な温度や量』

2018年12月4日 20:30

ママ必見! 正しい粉ミルクの作り方と赤ちゃんに最適な温度や量

沸騰させるのは、衛生面が理由です。

赤ちゃんにあげるときの温度は、人肌の温度が目安。熱すぎるとヤケドを負わせてしまいます。手首の内側に少量を垂らし、ほんのり温かく感じる程度にまで冷ましてあげましょう。

新鮮さ
作ったミルクをすべて飲んでくれるとは限りません。しかし、必ず毎回調乳するようにします。衛生面でトラブルを起こさないためにも、飲み残しをあげないようにしましょう。

粉ミルクの作り方

注意点を確認したところで、粉ミルクの作り方を確認していきましょう。

哺乳ビンにミルクを入れる
あらかじめ煮沸・薬剤などで消毒しておいた哺乳ビンに必要量の粉ミルクを入れます。パウダータイプはすりきりで入れましょう。キューブタイプの粉ミルクは計り間違いが起こりづらいので便利です。

煮沸したお湯を3分の2程度入れる
煮沸後70度以上のお湯を、まず3分の2程度哺乳ビンに入れます。水は飲料用として使える水道水でOKです。

ミルクを溶かす
哺乳ビンに乳首と蓋を取りつけ、円を描くようにして軽く振り、粉ミルクを溶かしましょう。哺乳ビンは熱いため、タオルなどを巻きつけておくと振りやすいですよ。

お湯・湯冷ましをできあがり量まで足す
蓋をつけたまま乳首を取り外し、煮沸後70度以上のお湯、または湯冷ましをできあがりの目盛りまで注ぎます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.