くらし情報『兄妹の子供部屋には仕切りは必要? DIYとリフォームで作る間仕切り』

2019年2月7日 20:30

兄妹の子供部屋には仕切りは必要? DIYとリフォームで作る間仕切り

目次

・子供部屋に仕切りは必要なのか?
・子供部屋の仕切りは簡単DIYでできる
・子供部屋をDIYで仕切ることのメリット
・リフォームしたら費用はいくらかかるのか?
・子供部屋はDIYの仕切りで空間を有効利用しよう
兄妹の子供部屋には仕切りは必要? DIYとリフォームで作る間仕切り

子供が大きくなるにつれて、兄妹それぞれに子供部屋を作ってあげたいと考えるご夫婦も多いことでしょう。しかし、部屋数が多くない場合には「一人部屋」を作るのが難しいこともあります。そんな時はぜひ、簡単にできるDIYで子供部屋を作ってあげましょう。実は、DIYで間仕切りをした子供部屋は、その家にとって将来的に大きなメリットがあって、オススメなんです。

子供部屋に仕切りは必要なのか?

子供部屋が必要かどうかは意見が分かれるところです。しかし、小学1・2年生で約79%、小学3・4年生で約90%の子供達が、自分の部屋を所有しているという調査結果があることから、小学校入学が子供部屋を作るひとつの目安だといえます。

最近では、子供部屋の考え方が昔とは少し変わってきています。リビングの一角を仕切って子供部屋にするという家族が増えてきているのです。完全な個室ではないため、子供が鍵をかけて子供部屋に閉じこもってしまうという心配がありません。また、子供も親にすぐ側で見守られているという安心感があります。

子供部屋自体を作らないという選択肢もありますが、仕切りを作って子供部屋にすることには、子供の成長にとってさまざまなメリットがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.