くらし情報『西日本豪雨にも関係が? 自然災害対策には先人の「言伝え」が効果あり!』

2018年7月22日 21:30

西日本豪雨にも関係が? 自然災害対策には先人の「言伝え」が効果あり!

活発化する前線の影響による記録的な豪雨により、西日本を中心として大変な被害が広がっており、筆者がこの記事を書き始めた時点では、西日本豪雨での死者が72人、安否不明が63人でした(7月20日現在、死者225人、行方不明13人)。

自然災害はいつどこで発生するかわからないものですが、災害に遭いやすい場所と比較的安全な場所があることも事実です。

自然災害から身を護るため、今回は先人たちが残してくれた「言伝え」について書いてみます。

■ 神社は津波から逃れた!意外な内容の論文が話題に

「スサノオを祀る神社は東日本大震災で津波の被害を逃れた」という論文が数年前にマスコミに取り上げられて話題になりました。
津波被害

naonao / PIXTA(ピクスタ)

こちらは東工大の研究グループによるまじめな論文で、決してオカルトや超常現象を扱ったものではありません。

東日本大震災発生時に大津波が襲来した宮城県沿岸部の神社を調べてみると、津波が押し寄せた境界上に、津波が川を上流へ遡上した場所では遡上範囲を縁取るように、多くの神社が位置していたといいます。

スサノオノミコトを祀った神社の大半はたとえ海の近くに位置していても津波の被害を受けず、スサノオと関係の深い熊野信仰に基づく熊野神社もその多くが津波被害を逃れた場所に位置していました(一方でアマテラスを祀る神社や稲荷神社は多くが被災しています)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.