くらし情報『家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材!vol.4【住まいの設計2019年4月号】』

2019年3月15日 16:30

家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材!vol.4【住まいの設計2019年4月号】

3月15日発売の「住まいの設計2019年4月号」では、家好き芸人、アンガールズ・田中さんが建築家の自邸を突撃取材する4回目の連載が掲載されています。

アンガールズ・田中さんは広島大学工学部第四類建築学部卒業。大学では建築の構造を研究し、得意分野は日本建築だそうです。

今回は、四方を建物に囲まれた旗竿敷地で快適に暮らす、浜崎一伸さんのお宅を取材しました。

■ 2つの中庭にはさまれ借景の緑も楽しめる開放感あふれる空間

周囲を住宅に囲まれた旗竿敷地にRC造の平屋を建てた浜崎一伸さん。

「最初にここに来たとき、『本当に囲まれているな』と思いました。真ん中だけポツンと残った状態で、どう建てても周りは迷惑だろうな、と。それで平屋にしました」と語ってくれました。

「旗」の部分に配された平屋には、2つの中庭が。

見聞録04


1つは屋上への階段がある中庭で、もう1つには大きなシマトネリコが植えられています。

その2つにはさまれるようにあるのが、リビングダイニング。

見聞録04


「中庭から光が入るので、室内は明るくて気持ちがいいですね」と田中さん。

ダイニングの横長の窓からは、隣の庭の緑を借景として取り込んでいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.