くらし情報『歯磨きしたら歯ブラシが血まみれに。原因は歯周病?対策は?【医師解説】』

2021年8月2日 23:30

歯磨きしたら歯ブラシが血まみれに。原因は歯周病?対策は?【医師解説】

歯磨きしたら歯ブラシが血まみれに。原因は歯周病?対策は?【医師解説】


歯を磨いたあと、ふと歯ブラシを見たら血まみれになった、すすいだときに血が混じっていた、なんて経験はありませんか。また、歯磨き後でなくても歯ぐきから出血することがある……という人もいるでしょう。歯ぐきから出血してしまうのはどうしてなのでしょうか。主な原因と対策について、歯科医の川田悟司先生に教えていただきました。

基本的には歯周病が出血の原因

歯磨きしたら歯ブラシが血まみれに。原因は歯周病?対策は?【医師解説】


歯ぐきからの出血は、まず歯周病が疑われます。歯周病になった歯ぐきは赤く腫れていますが、それは炎症を起こしており、血液がたまっているからです。炎症箇所は歯磨きなどの刺激に弱く、すぐに出血してしまいます。出血以外にも、冷たいものを食べると歯がしみる(知覚過敏)、慢性的な口臭があるといった症状がある場合は歯周病の可能性が高いです。

歯周病以外の原因としては、ホルモンバランスも考えられます。更年期はホルモンバランスが乱れがちで歯ぐきの組織も弱くなります。そこに強い力でブラッシングしたり、硬すぎる歯ブラシで磨いたりすることで出血することがあります。そのほか血液凝固剤の服用や血液の病気、糖尿病なども考えられます。

歯周病の原因は“細菌”と“力”

歯磨きしたら歯ブラシが血まみれに。原因は歯周病?対策は?【医師解説】


歯周病の原因は“細菌”と“力”です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.