くらし情報『「歯が長くなってる!?」原因は歯周病?放置すると歯が抜ける?【医師解説】』

2021年8月11日 23:05

「歯が長くなってる!?」原因は歯周病?放置すると歯が抜ける?【医師解説】

「歯が長くなってる!?」原因は歯周病?放置すると歯が抜ける?【医師解説】


歯ぐきから出血したり、冷たい物を食べたりしたときに歯がしみたり。「もしかして歯周病?」と鏡で歯ぐきを見たら以前より歯が長くなっていた、なんてことはありませんか。このままにしておくと歯が抜けるかも……と不安になる人もいるでしょう。そこで、歯科医の川田悟司先生に歯が長く見える原因と対策を教えていただきました。

1 年あたり0.02㎜ずつ歯肉は退縮する

「歯が長くなってる!?」原因は歯周病?放置すると歯が抜ける?【医師解説】


歯ぐきが下がり、歯が長く見える症状を歯肉退縮といいます。歯肉退縮は1年で0.02mm進む、加齢による現象です。1年で0.02mmなんて大したことないと思うかもしれませんが、25年で0.5mm、50年で1mmにもなります。しかも、ホルモンバランスが乱れがちな更年期世代は歯ぐきの組織が弱くなって過敏になり、退縮しやすくなります。

加齢による歯肉退縮は遅らせることができる!
加齢による歯肉退縮を完全に止めることは難しいですが、進行を遅くすることはできます。

40代、50代の女性は更年期症状によるイライラや日常生活のストレスなどから、気付かぬうちに歯を食いしばっていることもあります。また、過去の歯科治療で合っていない詰め物やかぶせ物があると、歯が均等にかみ合わずに歯ぐきや周囲の骨に過度な力がかかることもあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.