くらし情報『「40代になって落ち込むことが増えた…」生活習慣を見直して気持ちが明るくなった理由【体験談】』

2021年11月21日 23:15

「40代になって落ち込むことが増えた…」生活習慣を見直して気持ちが明るくなった理由【体験談】

「40代になって落ち込むことが増えた…」生活習慣を見直して気持ちが明るくなった理由【体験談】


40代の今は気持ちが落ち込むことがあります。自分では気分がふさぎ込んでいる自覚はあまりありませんでしたが、人からの指摘で少し神経質のような不安に駆られていると言われ、これまでの自分とは少し違うと違和感を覚えました。

40代になり落ち込むことが増えた

「40代になって落ち込むことが増えた…」生活習慣を見直して気持ちが明るくなった理由【体験談】


40代になり、ちょっとしたことでも気になって落ち込んだり、なんとなく気分が上がらないと感じるときが増えました。体調には不調もなく、特に思い当たる理由はなかったので、なぜ気持ちが落ち込むのか、どうすれば改善するのかわかりませんでした。

ある日、更年期障害に悩んでいた職場の先輩の話のなかで、「気分が落ちる」と話していたことを思い出し、もう少し詳しく聞いてみることにしました。先輩たちによると、更年期のときには一時的に気分が下がることがあると話してくれました。

年齢的なことも考えると、私も更年期症状として気分が落ちるのではないかと思うようになったのです。

生活習慣を見直すと気持ちが明るくなった

「40代になって落ち込むことが増えた…」生活習慣を見直して気持ちが明るくなった理由【体験談】


気分の落ち込みは更年期症状だと考えた私は、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む食品をとって対処しようと思いました。それから大豆イソフラボンを積極的にとるようにしましたが、3カ月ほど継続してもあまり効果を感じられませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.