くらし情報『賃貸契約で違約金?フリーレント物件のメリット・デメリット【不動産用語集】』

2017年12月20日 07:00

賃貸契約で違約金?フリーレント物件のメリット・デメリット【不動産用語集】

フリーレント物件のメリット・デメリット


家賃は「前家賃制」

賃貸契約で違約金?フリーレント物件のメリット・デメリット【不動産用語集】


確認ですが、家賃(賃料)とは大家さんに支払う部屋賃料のことをいいます。つまり部屋を借りるためのレンタル費ですね。

一般的に家賃は「前家賃制」といって当月分ではなく、翌月分を支払い日までに払います(例、11月に12月分を支払う)。

ここで問題となるのが、契約月における支払い計算です。
契約月分は「日割り計算」で行い、翌月分と合わせて支払います。

たとえば、家賃60,000円の物件を11月20日に契約したとしましょう。
この場合の日割り家賃は、

  • 家賃60,000円÷30日=2,000円
  • 2,000円×10日分(残り日数)=20,000円
  • 家賃60,000円(翌月分)+20,000円(当月分)=80,000円
  • とこのように契約月分の支払い料を求めます。
    少し費用がかかりますね。

    「部屋を他の人に借りられないために前もって押さえておく」というのが、前家賃制の意義です。大家さんからすれば空室は少しでも早く埋めたいので、実際に借主が住まなかったとしても、その分のお金は欲しいといったのが実のところでしょう。大家さんも商売ですからね。

    しかし最近では、「契約月分を支払わずに部屋をおさえてあげる」

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.