ビューティ情報『「野菜から先に食べる」のが正しいわけではない!?先に食べるものは目的別に変えよう!』

2020年1月19日 16:00

「野菜から先に食べる」のが正しいわけではない!?先に食べるものは目的別に変えよう!

近年、“ベジファースト”など野菜から先に食べるのが良いといわれています。ダイエットや血糖値が気になる人に良いとされています。野菜だけでなく、目的に応じて先に食べるものを変えると、より健康な食生活を送れるかもしれません。
さまざまな“○○ファースト”についてご紹介します。

野菜から先に食べるのは本当に良いのか?

目次

・脂肪燃焼効果に「肉ファースト」
・冷え性対策に、味噌汁から食べ始めよう
・食事の満足感がほしい人は、温かいものから食べ始めよう
・肥満防止や老化防止に「ヨーグルトファースト」
・貧血気味の人は、たんぱく質から食べ始めよう
・炭水化物ラストが大切
野菜から先に食べる
出典:GODMake.
近年、「ベジファースト」など野菜から先に食べてダイエットする方法が流行しています。本当に野菜から食べると健康に良いのでしょうか?

さまざまな研究がおこなわれていますが、野菜から先に食べることが体重の増減に影響を与えるかどうかの結論は不明なことが多いようです。

というのも、体重の増減は

  • 摂取するエネルギー量
  • 消費するエネルギー量
の2つの出納で決まります。

野菜から先に食べていたとしても、摂取するエネルギー量>消費するエネルギー量であれば体重は増加する、ということですね。

血糖値が気になる人は良いかも?
野菜から先に食べると、食後の血糖値が上がるのを抑えてくれます。したがって、血糖値のコントロールが目的であれば、ベジファーストは効果があるかもしれません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.